突然のトラブルに備えよう|鍵のスペシャリストを頼るべし

鍵の開け方

積み木とカギ

ディンプルキー

ピッキングという鍵開けの手法が、侵入犯罪などでも多く使われるようになってから、それまで鍵の主流であったピンシリンダー錠は一気に危ういものとなりました。そこで、ピッキングなどの不正開錠を防ぐため開発されたのがディンプルキーとよばれる鍵です。従来の玄関キーのように鍵山がないのが特徴で、その代わりに鍵の表面に深さの異なる大小のくぼみがつけられています。鍵違い数とよばれる配列の組み合わせは、1000億通り以上とされており、そのため複製も困難。ピッキングで開錠しようと思うと、ピンシリンダー錠の10倍以上の難度といわれています。したがって防犯性も極めて優れているのがこのディンプルキーなのです。実際に鍵業者がディンプルシリンダーの開錠を行うときには、鍵穴からの開錠は不可能とみなし、避けているようです。現在のところ、ディンプルキーの鍵穴から容易に開錠できるような技術や工具は存在しておりません。ディンプルキーをつければ、100%侵入できないとは必ずしもいえませんが、防犯性の向上にかなりの度合いで貢献してくれることは間違いないでしょう。

サムターン回し

ピッキングでの鍵開けが困難な場合、サムターン回しという手法で開錠するケースもあります。サムターンとは、マンションなどの玄関のドアの室内側部分に付けられているツマミのことです。方法としては、室外から工具を通してサムターンを操作し、開錠にいたらせます。このサムターン回しで開けられる鍵は、簡単なものもあれば難しいものもあるようです。サムターン回しの対策としては、サムターンカバーというサムターンの周りにとりつけるカバーを設置したり、サムター自体に対策が施されている防犯サムターンというシリンダーに交換することが可能です。犯罪で使われる手口では、鍵業者が工具を用いるよりももっと乱暴で、それはシリンダーの横にドリルなどで穴をあけ、直角に曲がった金属の棒でサムターンを回転させるというもの。ドアの種類よっては簡単に穴が開いてしまうこともあり、さらに電動ドリルを用いれば音もうるさくないため、周りに気付かれずに侵入されてしまうケースも少なくないようです。