突然のトラブルに備えよう|鍵のスペシャリストを頼るべし

積み木とカギ

鍵の開け方

鍵の開け方の手法は空き巣の犯罪にも多く使われています。そのため、鍵の開け方は知っておくことは防犯に役に立つでしょう。鍵の開け方の種類を知っておくことで住宅の防犯対策をすることができます。

南京錠を持つ人

業者に依頼する

自宅の鍵を無くしてしまった際は、鍵紛失専門業者に依頼しましょう。依頼をすることで、自宅の鍵を開けてくれて、部屋に入ることができます。鍵を無くしてしまったトラブルがあれば、業者の方に依頼すると開けてくれます。

専門業者のテクニック

作業員

ピッキング

鍵業者がどんな方法で鍵開けを行うかというと、主にピッキングによる開錠になります。ピッキングという言葉には聞き覚えがあるでしょう。テレビドラマや映画などでも、鍵をピッキングで開けているシーンをたまに見かけます。具体的な方法としては、針金のような金属部材を工具にして、それを鍵穴に差し込んでシリンダー内部にあるピンタンブラーを動かし、その鍵穴に適合する鍵を差し込んだ状態を作り出して開錠します。玄関の鍵開けだけでなく、インロックの開錠や、スーツケース・ロッカーの鍵を開けるのにもピッキングは用いられます。音がする作業でなく、しかも鍵穴を傷つけることもありません。熟練した技術があれば比較的簡単に開けられることもあり、しばしば犯罪に用いられているのが現状です。そのため、ピッキング対策を施したシリンダー(鍵)も売られています。鍵業者に頼めば交換してくれるので、もし自宅の防犯対策に不安があるようでしたら購入を考えてみるのがよいかもしれません。トラブルが起きてからでは遅いので、気付いた時に対策を取るようにしましょう。何らかのトラブルが発生した場合、やはりプロを頼るのが一番です。

バンピング

バンピングという手法で鍵開けする方法もあります。バンピングとは、バンプキーとよばれる特殊加工を施したキー鍵穴に差し込み、ピンタンブラーを弾き動かして開錠することです。ピッキングと同じ理屈ですが、使用される工具は違います。簡単な構造のシリンダーなら、バンプキーで簡単に開けられることもあるようです。熟練した技術が必要になるピッキングと違って、バンプキーさえあれば誰でも開けられ、しかも侵入の痕跡を残さないことから、ひと昔前までは新入犯罪でも多く使われていました。しかし、現在ではバンピングができないよう、鍵メーカーがシリンダー内部のピンタンブラーを改良した鍵を開発したことにより、バンピングでの鍵開けは、非常に困難なものになっています。このほか、ドリルなどの電動工具で鍵穴を破壊し開錠するドリリングという手法や、扉と扉枠の隙間にバールのような工具を差し込み、てこの原理で無理やりドアを開けるこじ開けといった手法もあります。